投稿日:

美白の大敵!紫外線の影響とは|日焼け止めが必要です

美白ケアで一番気を付けなくてはいけないこと、それは紫外線からお肌を守ること。

お肌のシミの一番の原因は紫外線によるものといわれていますので、お肌の美白を守るためにはちゃんとした紫外線対策が大切になってきます。

そこでこれから、お肌のシミの原因になる紫外線の特徴と、紫外線対策についてご紹介していきたいと思います。

紫外線の特徴

紫外線は、お肌の美白に最も良くないといわれているのはご存知のことと思います。

でもなぜ、紫外線はお肌の美白に最も良くないといわれるのでしょうか?

その理由は、お肌に紫外線が当たることにより、お肌に活性酸素が発生してしまうからなのです。

活性酸素とは

活性酸素とは、身体が作り出す物質で、本来は身体を守る働きがあります。

紫外線がお肌に当たると、身体は紫外線からお肌を守るために活性酸素を発生させます。

お肌に発生した活性酸素は、メラノサイトに働きかけます。

性酸素によって影響を受けたメラノサイトは、シミの原因になるメラニン色素を発生させます

そして、お肌にメラニン色素が増えるとシミになるのですね。

ですので、お肌のシミを抑えるためには、活性酸素を発生させないために、紫外線を防ぐことがとても大切になってくるのです。

効果的な紫外線対策とは

効果的な紫外線対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

効果的な紫外線対策

  • 日焼け止め製品を使う
  • お肌に紫外線があたらないようにする

効果的な紫外線対策① 日焼け止め製品を使う

効果的な紫外線対策の1つ目は、日焼け止め製品をお肌にぬること。

日焼け止め製品は、しっかりと紫外線の害からお肌を守ってくれます。

日焼け止め製品には、日焼け止めクリーム・UVカット化粧下地・UVカットファンデーションなどがあります。

ですので、紫外線対策が必要なときには、日焼け止めクリーム・UVカット化粧下地などを目的に応じて使用するようにしましょう。

効果的な紫外線対策② お肌に紫外線があたらないようにする

効果的な紫外線対策の2つ目は、お肌に紫外線が当たらないように気を付けること。

お肌に紫外線が当たらないようにするためには、「日陰を歩く」「日傘を使う」「帽子をかぶる」「お肌の露出を避ける」などの方法がおすすめです。

冬場などの紫外線の力が弱いときには、紫外線を多少浴びるくらいならお肌への害はあまりありません。

しかし、夏のような紫外線の強い時期には、10分も紫外線を浴びるとお肌に影響が出始めますので、しっかりとした紫外線対策が必要になってくるのですね。

まとめ

お肌のシミの原因になる紫外線の特徴と対策をご紹介してきました。

紫外線はお肌のシミの原因になりますので、美白をキープするためには紫外線対策をする必要があることが分かりましたね。

紫外線対策にはいろいろな方法がありますので、自分にあった紫外線対策から始めていきましょう。

ただ、紫外線対策をしていても、完全には紫外線の影響を防げないのが実情です。

ですので、日中は日焼け止めクリームや日傘などで紫外線対策をしつつ、夜はメラニン色素の生成をおさえる効果がある化粧品を使って、美白ケアを行うのがおすすめです。

ちなみに、ビタミンc・トラネキサム酸・アルブチンは美白効果がある成分として人気があります。

美白効果がある化粧品をお探しのときは、ビタミンC・トラネキサム酸・アルブチンが配合されている化粧品をお試しされてみてはいかがでしょうか?