投稿日:

第3類医薬品に含まれている2つの美白成分とは|ビタミンC・L-システイン

美白ケアに使いたい製品は色々とありますが、美白ケア用の第3医薬品も気になりますよね。

第3医薬品というだけで、美白効果が期待できそうな感じがします。

ところで、美白ケア用の第3医薬品にはどのような美白成分が入っているのでしょうか?

そこで、第3医薬品に配合されている美肌成分を調べてみました。

美白ケア用の第3医薬品に配合されている2つの美白成分

美白ケア用の第3医薬品、例えば、チョコラBBルーセントCやハイチオールCホワイティアなどの美白成分を調べてみると、どの製品にも2つの美白成分が配合されていることが分かりました。

第3医薬品の美白成分

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • L-システイン

美白成分 アスコルビン酸

白成分のアスコルビン酸とは、ビタミンCのこと。

ビタミンCは美肌のビタミンといわれているように、様々な美白効果がある成分になります。

では、ビタミンCのどの働きに美白効果があるのかというと、ビタミンCの抗酸化作用に美白効果がありました。

シミの原因はメラニン色素ですので、メラニン色素の生成を抑えることによってシミを防ぐことができます。

メラニン色素の生成を抑えるためには、体内に発生した活性酸素を抑える必要があります。

体内の活性酸素の発生の主な原因は、紫外線といわれていますが、主に紫外線によって発生した活性酸素の働きをおさえるのがビタミンCの抗酸化作用なのですね。

ですので、ビタミンCの抗酸化作用でメラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑えることによって、シミを防ぐ効果が期待できるというわけなのです

ちなみに、ビタミンCは果物やジャガイモに多く含まれています。

美白成分 L-システイン

美白成分のL-システインは、アミノ酸の一種になります。

L-システインにも、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果があります。

L-システインは、アミノ酸の一種ということで、肉・魚・豆類に多く含まれているそうです。

まとめ

美白ケア用の第3医薬品に含まれている美白成分を調べてきました。

美白ケア用の第3医薬品には、美白成分としてアスコルビン酸(ビタミンC)とL-システインが配合されている製品が多くありました。

アスコルビン酸(ビタミンC)やL-システインは、普段の食事でも十分摂取可能です。

しかし、紫外線を多く浴びてしまったときや、体調がすぐれずちゃんとした食事ができないときには、第3医薬品で美白ケアを行うのも良いのかなと思います

ちなみに、一番の美白対策は、紫外線をなるべく浴びないようにすること。

ですので、お肌の美白を守るためには、まずは日焼け止めクリームや日傘などを使った紫外線対策をちゃんと行っていきましょう。

そのうえで、お肌の美白が気になるときに、美白ケア用の第3医薬品をお使いになると、美白効果を実感できるのではないかと思いました。