投稿日:

美白に良い3つの栄養素とは|身体の中から美白ケア

美白といえば、美白化粧品を思い浮かべますよね。

美白化粧品には美白作用がある成分が配合されていますので、お肌の美白にとっても効果的。

では、食べ物からお肌の美白を目指すことは出来ないのでしょうか?

そこで、美白効果が期待できる栄養素を調べてみました。

美白効果が期待できる3つの栄養素とは

美白効果が期待できる栄養素を調べてみると、次の3つの栄養素に美白効果が期待できることが分かりました。

美白効果が期待できる栄養素

  • ビタミンC
  • L-システイン
  • ビタミンB群

ビタミンcの効果とは

美白のビタミンといえばビタミンCですよね。

ビタミンCは多くの化粧品に配合されていますが、ビタミンCは食べ物から摂取しても美肌効果が期待できる栄養素といえます。

シミやくすみの一番の原因は、紫外線によりお肌に活性酸素が発生すること。

お肌に活性酸素が発生すると、チロシナーゼという細胞がメラミン色素を作り始めます。

ですので、シミの生成を抑えるには、活性酸素の働きを抑える必要があるのです。

ビタミンCには抗酸化作用といって、活性酸素の働きを抑える作用があります。

ビタミンCを食べ物から摂取することによって、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える効果が期待できるのですね。

ですので、食べ物から美白を目指す方は、ビタミンCが多く含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンCは、フルーツ・ジャガイモ・野菜に多く含まれています。

L-システインとは

L-システインとは、体内にもとからあるアミノ酸の一種。

髪の毛・皮膚・爪などに多く含まれている成分といわれています。

L-システインもビタミンCと同様に、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

ですので、L-システインにも、美白効果が期待できるのですね。

また、L-システインには美白効果以外にも、お肌の代謝をサポートする働きもあるそうです。

お肌の代謝とは健康なお肌の生まれ変わりのことですので、健康なお肌が生まれ変わることによって透明感のある自然な美しいお肌がキープできるのですね。

以上のことから、L-システインは美白や美肌にとても効果が期待できる栄養素であることが分かりました。

L-システインは、小麦・大豆に多く含まれてます。

ビタミンB群とは

ビタミンB群は、お肌や粘膜の健康を保つとても大事なビタミン。

ビタミンB群が不足すると、肌荒れが起きやすくなってしまいます。

肌荒れが起きると、お肌に自然な透明感がなくなり美肌とはいいがたい肌質に…。

ですので、お肌の自然な透明感という美白のためには、ビタミンB群が不足しないように気を付ける必要があるのですね。

ビタミンB群は、乳製品・タマゴ・緑黄色野菜に多く含まれています。

まとめ

美白効果が期待できる栄養素の特徴をご紹介してきました。

美白効果が期待できる栄養素

  • ビタミンC…抗酸化作用
  • L-システイン…抗酸化作用
  • ビタミンB群…お肌の健康を保つ働き

食べ物に含まれている栄養素からも、お肌の美白対策ができることが分かりましたね。

お肌の美白をキープするためには、毎日欠かさず美白ケアをすることが大事といわれています。

ですので、基礎化粧品だけでなく美白に効果が期待できる栄養素も毎日摂取しながら、きれいなお肌をキープしていきましょう。

投稿日:

美白効果がある医薬部外品の3つの有効成分とは

医薬部外品とは、厚生労働省が効果効能があると認めた有効成分が規定量配合されている製品のことのなります。

医薬部外品の有効成分にはいろいろな効果効能がありますが、美白効果が厚生労働省より認められている有効成分もあります。

そこでこれから、美白効果がある有効成分を3つご紹介していきたいと思います。

美白効果がある3つの有効成分|医薬部外品

美白効果がある医薬部外品の有効成分には色々な成分がありますが、人気の有効成分は次の3つの成分になります。

人気の美白効果がある有効成分

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸

有効成分トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果がある有効成分のこと。

トラネキサム酸は製薬会社の第一三共ヘルスケアが開発した成分で、アミノ酸リシンをもとに人工合成されたアミノ酸の一種だということです。

トラネキサム酸は美白効果がある人気の有効成分として、多くの化粧品に配合されています。

とくに、トラネキサム酸を開発した第一三共ヘルスケアのブライトエイジにも配合されています。

ですので、ブライトエイジは美白化粧品として注目されているのですね。

有効成分アルブチンとは

有効成分アルブチンは、美白成分として有名なハイドロキノンを加工した成分のこと。

ハイドロキノンは、美白作用が高い成分ですが、お肌への刺激が強いのが問題とされていました。

そのようなハイドロキノンの美白効果をマイルドにしたのがアルブチンといえます。

アルブチンは、メラニン色素の原因になるチロシナーゼに直接働きかけて、メラニン色素の生成を抑えます。

現在、美白化粧品に使用されているアルブチンは、α-アルブチンなのだそうですが、α-アルブチンはグリコが開発した成分なのだそうです。

α-アルブチンは安全性が高く安心して使用できる美白成分として、多くの美白化粧品に配合されています。

有効成分コウジ酸

コウジ酸とは、お酒やみそを作るときに活躍する麹菌(こうじきん)が作り出す成分のこと。

コウジ酸にも、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果があります

コウジ酸は、微生物の麹菌が作り出す美白効果がある成分ですので、とても安全性が高い成分といわれています。

ですので、敏感肌でも使える美白化粧品をお探しにときには、コウジ酸配合の美白化粧品をお選びになられてみてはいかがでしょうか?

まとめ

美白効果がある人気の有効成分を3つご紹介してきました。

人気の美白効果がある有効成分

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸

化粧品を使うからには、美白効果がある化粧品を使いたいものですよね。

でも、どの美白化粧品を選んで良いのかが分からない。

そのようにお悩みのときには、今回ご紹介した美白成分配合の化粧品からお試しされてみてはいかがでしょうか?