投稿日:

第3類医薬品に含まれている2つの美白成分とは|ビタミンC・L-システイン

美白ケアに使いたい製品は色々とありますが、美白ケア用の第3医薬品も気になりますよね。

第3医薬品というだけで、美白効果が期待できそうな感じがします。

ところで、美白ケア用の第3医薬品にはどのような美白成分が入っているのでしょうか?

そこで、第3医薬品に配合されている美肌成分を調べてみました。

美白ケア用の第3医薬品に配合されている2つの美白成分

美白ケア用の第3医薬品、例えば、チョコラBBルーセントCやハイチオールCホワイティアなどの美白成分を調べてみると、どの製品にも2つの美白成分が配合されていることが分かりました。

第3医薬品の美白成分

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • L-システイン

美白成分 アスコルビン酸

白成分のアスコルビン酸とは、ビタミンCのこと。

ビタミンCは美肌のビタミンといわれているように、様々な美白効果がある成分になります。

では、ビタミンCのどの働きに美白効果があるのかというと、ビタミンCの抗酸化作用に美白効果がありました。

シミの原因はメラニン色素ですので、メラニン色素の生成を抑えることによってシミを防ぐことができます。

メラニン色素の生成を抑えるためには、体内に発生した活性酸素を抑える必要があります。

体内の活性酸素の発生の主な原因は、紫外線といわれていますが、主に紫外線によって発生した活性酸素の働きをおさえるのがビタミンCの抗酸化作用なのですね。

ですので、ビタミンCの抗酸化作用でメラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑えることによって、シミを防ぐ効果が期待できるというわけなのです

ちなみに、ビタミンCは果物やジャガイモに多く含まれています。

美白成分 L-システイン

美白成分のL-システインは、アミノ酸の一種になります。

L-システインにも、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果があります。

L-システインは、アミノ酸の一種ということで、肉・魚・豆類に多く含まれているそうです。

まとめ

美白ケア用の第3医薬品に含まれている美白成分を調べてきました。

美白ケア用の第3医薬品には、美白成分としてアスコルビン酸(ビタミンC)とL-システインが配合されている製品が多くありました。

アスコルビン酸(ビタミンC)やL-システインは、普段の食事でも十分摂取可能です。

しかし、紫外線を多く浴びてしまったときや、体調がすぐれずちゃんとした食事ができないときには、第3医薬品で美白ケアを行うのも良いのかなと思います

ちなみに、一番の美白対策は、紫外線をなるべく浴びないようにすること。

ですので、お肌の美白を守るためには、まずは日焼け止めクリームや日傘などを使った紫外線対策をちゃんと行っていきましょう。

そのうえで、お肌の美白が気になるときに、美白ケア用の第3医薬品をお使いになると、美白効果を実感できるのではないかと思いました。

投稿日:

美白成分トラネキサム酸の効果とは|メラニン色素の生成を抑える

美白効果がある成分は色々ありますが、トラネキサム酸も美白効果がある成分として人気があります。

でも、トラネキサム酸にはどのような美白効果があるのでしょうか?

そこでこれから、トラネキサム酸の美白効果についてご紹介していきたいと思います。

トラネキサム酸の効果|美白成分

トラネキサム酸とは、第一三共ヘルスケアが開発したアミノ酸の一種。

トラネキサム酸はもともと、炎症を抑える効果や止血作用がある医薬品として使われていました。

医薬品としてトラネキサム酸が使われるなかで、トラネキサム酸には美白効果もあるのではないかということが分かり、トラネキサム酸の美白効果の研究が始まりました。

そして、2002年、以前から美白作用があることが分かっていたトラネキサム酸の美白効果が厚生労働省により医薬部外品の有効成分に認可されました。

トラネキサム酸の美白効果が有効成分に認可されて以来、トラネキサム酸はとっても人気の美白成分になったのですね。

トラネキサム酸の美白効果

トラネキサム酸にどのような美白効果があるのかというと、トラネキサム酸には、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを抑制する効果があります

トラネキサム酸のメラニン色素の生成をおさえる作用を説明するのは難しいのですが、トラネキサム酸が多くの化粧品に使用されていることからも、人気がある美白成分であることが分かりますね。

トラネキサム酸の抗炎症作用

先ほどもお話ししましたが、トラネキサム酸には美白効果だけでなく抗炎症作用もあります

抗炎症作用とは、肌荒れ・赤み・ヒリヒリといったお肌の炎症を抑える働きのこと。

また、お肌の炎症はシミ・シワ・くすみ・たるみ・乾燥などの肌トラブルの原因にもなるそうです。

このように、様々な肌トラブルにつながるお肌の炎症をおさえる作用がトラネキサム酸にはありますので、トラネキサム酸は美肌成分としても注目されているのですね。

まとめ

トラネキサム酸の美肌効果をご紹介してきました。

トラネキサム酸には、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果があることが分かりましたね。

トラネキサム酸は1965年に、抗炎症作用のある医薬品として発売されました。

そして、2002年には、美白効果が厚生労働省より認可されました。

このように、抗炎症作用と美白効果があるトラネキサム酸は、安全性が高く人気のある美肌成分といえます。

美白化粧品にはいろいろな製品がありますが、どの美白化粧品が良いのか迷ったときには、トラネキサム酸配合の製品をお選びになられてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

美白効果が期待できるお茶2選!緑茶・ルイボスティー

「お茶で美白対策ができないのかしら?」

お茶で美白対策ができたらいいですよね。

そこで、お茶で美白対策が出来るのかを調べてみました。

お茶で美白対策をはじめる

美白対策で一番大切なことは、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑えること。

活性酸素の働きを抑えるには、抗酸化作用のある成分を摂取するのが効果的です。

ということで、抗酸化作用のあるお茶を調べてみると、2つのお茶にとくに抗酸化作用があることが分かりました。

抗酸化作用があるお茶

  • 緑茶
  • ルイボスティー

抗酸化作用があるお茶① 緑茶

緑茶は抗酸化作用がとても強いお茶として有名ですよね。

緑茶の抗酸化力の秘密は、緑茶に含まれているビタミンCとカテキンにありました。

緑茶は、数あるお茶の中でもビタミンC含有量が多いお茶。

ビタミンCには強い抗酸化作用がありますので、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える効果がとても期待できます。

また、緑茶に含まれるカテキンと呼ばれる成分にも、強い抗酸化力があるそうです。

ですので、カテキンも、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える効果が期待できるのですね。

このように、抗酸化作用のあるビタミンCとカテキンがたくさん入っている緑茶には、とても美白効果が期待できることが分かりました

抗酸化作用のあるお茶 ルイボスティー

ルイボスティーとは、ルイボスという木の葉っぱから作られるお茶のこと。

ルイボスティーにも、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きをおさえる抗酸化作用がありました。

ルイボスティーの抗酸化作用は、SOD様酵素とケルセチンの働きによるものだそうです。

SOD様酵素とは、体内に発生した活性酸素を分解する酵素のことで、美白効果がとても期待できる成分といわれてます。

ケルセチンとは、ポリフェノールの一種になります。

ポリフェノールとは、植物の色素・渋みなどの成分で、ほとんどの植物に含まれているそうです。

ポリフェノールの効果にはさまざまなものがあるといわれていますが、ケルセチンは抗酸化作用があると言うことなのですね。

ルイボスティーには、抗酸化作用のあるSOD酵素とケルセチンがたくさん含まれていますので、美白効果が期待できるお茶ということが分かりました。

ちなみに、ルイボスはミネラルが豊富な土壌で育つため、ルイボスティーには様々なミネラルがたくさん含まれているのだそうです。

ミネラルは身体の機能を整える作用がありますので、ミネラルたっぷりのルイボスティーを飲むことによって、身体の調子も整えられる効果が期待できるということです。

まとめ

美白効果が期待できるお茶の特徴をご紹介してきました。

美白効果が期待できるお茶

  • 緑茶
  • ルイボスティー

緑茶には抗酸化作用のあるビタミンCとカテキン、ルイボスティーは抗酸化作用のあるSOD様酵素とケルセチンがたくさん含まれていることが分かりました。

抗酸化作用のある成分は、シミの原因になる活性酸素の働きを抑えます。

ですので、抗酸化作用のある成分がたくさん含まれている緑茶とルイボスティーには、とっても美白効果があることが分かりましたね。

また、活性酸素はシミの原因になるだけでなく、身体の老化の原因にもなるといわれています。

このことから、活性酸素の働きをおさえる緑茶やルイボスティーには、美白効果だけでなく身体の老化防止の効果も期待できることが分かりましたね

どのお茶が美白や身体の健康に良いのか迷ったときには、緑茶とルイボスティーをお試しされてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

美白の大敵!紫外線の特徴とは|日焼け止めが必要です

美白ケアで一番気を付けなくてはいけないこと、それは紫外線からお肌を守ること。

お肌のシミの一番の原因は紫外線によるものといわれていますので、お肌の美白を守るためにはちゃんとした紫外線対策が大切になってきます。

そこでこれから、お肌のシミの原因になる紫外線の特徴と、紫外線対策についてご紹介していきたいと思います。

紫外線の特徴

紫外線は、お肌の美白に最も良くないといわれているのはご存知のことと思います。

でもなぜ、紫外線はお肌の美白に最も良くないといわれるのでしょうか?

その理由は、お肌に紫外線が当たることにより、お肌に活性酸素が発生してしまうからなのです。

活性酸素とは

活性酸素とは、身体が作り出す物質で、本来は身体を守る働きがあります。

紫外線がお肌に当たると、身体は紫外線からお肌を守るために活性酸素を発生させます。

お肌に発生した活性酸素は、メラノサイトに働きかけます。

性酸素によって影響を受けたメラノサイトは、シミの原因になるメラニン色素を発生させます

そして、お肌にメラニン色素が増えるとシミになるのですね。

ですので、お肌のシミを抑えるためには、活性酸素を発生させないために、紫外線を防ぐことがとても大切になってくるのです。

効果的な紫外線対策とは

効果的な紫外線対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

効果的な紫外線対策

  • 日焼け止め製品を使う
  • お肌に紫外線があたらないようにする

効果的な紫外線対策① 日焼け止め製品を使う

効果的な紫外線対策の1つ目は、日焼け止め製品をお肌にぬること。

日焼け止め製品は、しっかりと紫外線の害からお肌を守ってくれます。

日焼け止め製品には、日焼け止めクリーム・UVカット化粧下地・UVカットファンデーションなどがあります。

ですので、紫外線対策が必要なときには、日焼け止めクリーム・UVカット化粧下地などを目的に応じて使用するようにしましょう。

効果的な紫外線対策② お肌に紫外線があたらないようにする

効果的な紫外線対策の2つ目は、お肌に紫外線が当たらないように気を付けること。

お肌に紫外線が当たらないようにするためには、「日陰を歩く」「日傘を使う」「帽子をかぶる」「お肌の露出を避ける」などの方法がおすすめです。

冬場などの紫外線の力が弱いときには、紫外線を多少浴びるくらいならお肌への害はあまりありません。

しかし、夏のような紫外線の強い時期には、10分も紫外線を浴びるとお肌に影響が出始めますので、しっかりとした紫外線対策が必要になってくるのですね。

まとめ

お肌のシミの原因になる紫外線の特徴と対策をご紹介してきました。

紫外線はお肌のシミの原因になりますので、美白をキープするためには紫外線対策をする必要があることが分かりましたね。

紫外線対策にはいろいろな方法がありますので、自分にあった紫外線対策から始めていきましょう。

ただ、紫外線対策をしていても、完全には紫外線の影響を防げないのが実情です。

ですので、日中は日焼け止めクリームや日傘などで紫外線対策をしつつ、夜はメラニン色素の生成をおさえる効果がある化粧品を使って、美白ケアを行うのがおすすめです。

ちなみに、ビタミンc・トラネキサム酸・アルブチンは美白効果がある成分として人気があります。

美白効果がある化粧品をお探しのときは、ビタミンC・トラネキサム酸・アルブチンが配合されている化粧品をお試しされてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

美白ケアにおすすめのポリフェノールとは|カテキンの抗酸化作用

ポリフェノールをご存知でしょうか?

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている、色素や渋みのもとになる成分のこと。

そんな、多くの植物に含まれているポリフェノールには、色々な効果があるといわれていますが、美白にも効果があるといわれてます。

でも、ポリフェノールのどこに美白効果が期待できるのでしょうか?

そこで、ポリフェノールと美白効果の関係について調べてみました。

ポリフェノールと美白効果の関係

ポリフェノールと美白効果の関係を調べてみると、ポリフェノールの抗酸化作用に美白効果が期待できることが分かりました。

お肌のシミの主な原因は、活性酸素によるメラニン色素の生成によるものといわれています。

そして、ポリフェノールの抗酸化作用には、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える作用があります。

ですので、抗酸化作用で活性酸素の働きを抑えることが、シミの発生を抑えることにつながるのですね。

では、ポリフェノールにもいろいろありますが、どのポリフェノールに美白効果が期待できるのでしょうか?

美白に効果が期待できる抗酸化作用の働きが大きいポリフェノールを調べてみました。

抗酸化作用の働きが大きいポリフェノール

美白効果が期待できる高い抗酸化作用のあるポリフェノールを調べてみると、緑茶に含まれるカテキンに高い抗酸化作用があることが分かりました

緑茶に多く含まれるポリフェノールの一種のカテキンは、お茶の渋みの成分タンニンの主成分なのだそうです。

緑茶のカテキンの抗酸化力は、他のポリフェノールの抗酸化力と比較しても、とびぬけて抗酸化力が高いといわれています。

緑茶で美肌を目指す

カテキンには、とても高い抗酸化力があることが分かりました。

カテキンは多くのお茶の中に含まれていますが、とくに緑茶に多くカテキンは含まれているそうです。

また、緑茶には抗酸化作用のあるビタミンCも多く含まれていました。

カテキンとビタミンCがたくさん含まれている緑茶は、抗酸化作用がとても高いお茶だったのですね。

ちなみに、活性酸素は、メラニン色素の原因になるだけでなく、身体の老化の原因にもなるといわれています。

ですので、緑茶を飲むことで、美白効果だけでなく身体の健康を保つ効果も期待できることが分かりました。

まとめ

美白ケアにおすすめのポリフェノールを調べてきました。

美白ケアに欠かせないポリフェノールの働きは、抗酸化作用であることが分かりました。

そしてポリフェノールの中でも、カテキンに高い抗酸化作用があることが分かりました。

カテキンはお茶の中に含まれていますが、とくに緑茶に多く含まれています。

ですので、毎日の生活の中に緑茶をうまく取り入れていって、シミやくすみのない美肌を目指していきましょう。

投稿日:

トマトに含まれるリコピンと美白の関係とは|メラニン色素とターンオーバー

サラダやジュースで人気のトマト。

トマトに含まれるリコピンに美白作用があるといわれていますが、本当なのでしょうか?

そこで、トマトに含まれているリコピンと美白効果の関係について調べてみました。

リコピンと美白効果の関係

トマトに含まれるリコピンと美白の関係を調べてみると、カゴメがトマトに含まれるリコピンと美白効果の関係を試験した情報が見つかりました。

カゴメが行なったリコピンと美白の関係を調べる実験

  1. 紫外線を浴びてお肌が赤くなるのをリコピンは防げるのか?
  2. リコピンを摂取すると紫外線を浴びて赤くなったお肌の回復は早まるのか?

カゴメの実験① 紫外線を浴びてお肌が赤くなるのをリコピンは防げるのか?

カゴメは、「リコピンを含むトマトジュースを飲むことによって、紫外線でお肌が赤くなるのを防げるのか」という実験を行ったそうです。

カゴメの行なったリコピンと美白の関係を調べる実験は、単純でじつに分かりやすい実験ですね。

実験結果では、リコピンを摂取しても、紫外線によりお肌が赤くなるのを防ぐことは出来なかったそうです。

以上のことから、リコピンが含まれるトマトをたくさん食べても、紫外線によりお肌が赤くなることは防げないということが分かりました

やはり、紫外線からお肌を守るためには、日焼け止めクリームが必要ということですね。

カゴメの実験② リコピンを摂取すると紫外線を浴びて赤くなったお肌の回復は早まるのか?

カゴメは、リコピンを摂取すると紫外線を浴びて赤くなったお肌の回復が早まるのかを調べる実験も行っていました。

この実験結果では、リコピンを摂取すると紫外線を浴びて赤くなったお肌の回復が早くなることが分かったそうです。

分かりやすくいうと、「リコピンを摂取していると、紫外線を浴びることによりお肌が赤くなっても、赤みの回復が早くなる」ということといえます。

以上の実験結果から、カゴメはトマトに含まれるリコピンの効果について次のように考察していました。

リコピンによるお肌の赤みの改善のメカニズム

  • メラニン色素の生成をおさえる働きが考えられる
  • ターンオーバーが促進されたことが考えられる

リコピンの美肌効果は、まだはっきりとは分かっていないそうです。

しかし今回の実験結果から、「リコピンを含むトマトには美白効果が期待できる」とカゴメでは結論付けていました。

まとめ

トマトに含まれるリコピンに美白効果があるのかを調べてきました。

カゴメの行なった実験結果から、リコピンには、メラニン色素の生成を抑える効果とターンオーバーを促進する効果が期待できることが分かりました。

リコピンと美白効果の関係はまだはっきりとは分かっていないようですが、いずれはリコピンの美白効果も明らかになるのでしょうね。

トマトは健康にとっても良い野菜ですので、美白だけでなく美肌をキープするために、毎日の食事にトマトをとりいれていきましょう。

投稿日:

美白に良い3つの栄養素とは|身体の中から美白ケア

美白といえば、美白化粧品を思い浮かべますよね。

美白化粧品には美白作用がある成分が配合されていますので、お肌の美白にとっても効果的。

では、食べ物からお肌の美白を目指すことは出来ないのでしょうか?

そこで、美白効果が期待できる栄養素を調べてみました。

美白効果が期待できる3つの栄養素とは

美白効果が期待できる栄養素を調べてみると、次の3つの栄養素に美白効果が期待できることが分かりました。

美白効果が期待できる栄養素

  • ビタミンC
  • L-システイン
  • ビタミンB群

ビタミンcの効果とは

美白のビタミンといえばビタミンCですよね。

ビタミンCは多くの化粧品に配合されていますが、ビタミンCは食べ物から摂取しても美肌効果が期待できる栄養素といえます。

シミやくすみの一番の原因は、紫外線によりお肌に活性酸素が発生すること。

お肌に活性酸素が発生すると、チロシナーゼという細胞がメラミン色素を作り始めます。

ですので、シミの生成を抑えるには、活性酸素の働きを抑える必要があるのです。

ビタミンCには抗酸化作用といって、活性酸素の働きを抑える作用があります。

ビタミンCを食べ物から摂取することによって、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える効果が期待できるのですね。

ですので、食べ物から美白を目指す方は、ビタミンCが多く含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンCは、フルーツ・ジャガイモ・野菜に多く含まれています。

L-システインとは

L-システインとは、体内にもとからあるアミノ酸の一種。

髪の毛・皮膚・爪などに多く含まれている成分といわれています。

L-システインもビタミンCと同様に、メラニン色素の原因になる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

ですので、L-システインにも、美白効果が期待できるのですね。

また、L-システインには美白効果以外にも、お肌の代謝をサポートする働きもあるそうです。

お肌の代謝とは健康なお肌の生まれ変わりのことですので、健康なお肌が生まれ変わることによって透明感のある自然な美しいお肌がキープできるのですね。

以上のことから、L-システインは美白や美肌にとても効果が期待できる栄養素であることが分かりました。

L-システインは、小麦・大豆に多く含まれてます。

ビタミンB群とは

ビタミンB群は、お肌や粘膜の健康を保つとても大事なビタミン。

ビタミンB群が不足すると、肌荒れが起きやすくなってしまいます。

肌荒れが起きると、お肌に自然な透明感がなくなり美肌とはいいがたい肌質に…。

ですので、お肌の自然な透明感という美白のためには、ビタミンB群が不足しないように気を付ける必要があるのですね。

ビタミンB群は、乳製品・タマゴ・緑黄色野菜に多く含まれています。

まとめ

美白効果が期待できる栄養素の特徴をご紹介してきました。

美白効果が期待できる栄養素

  • ビタミンC…抗酸化作用
  • L-システイン…抗酸化作用
  • ビタミンB群…お肌の健康を保つ働き

食べ物に含まれている栄養素からも、お肌の美白対策ができることが分かりましたね。

お肌の美白をキープするためには、毎日欠かさず美白ケアをすることが大事といわれています。

ですので、基礎化粧品だけでなく美白に効果が期待できる栄養素も毎日摂取しながら、きれいなお肌をキープしていきましょう。

投稿日:

美白効果がある医薬部外品の3つの有効成分とは

医薬部外品とは、厚生労働省が効果効能があると認めた有効成分が規定量配合されている製品のことのなります。

医薬部外品の有効成分にはいろいろな効果効能がありますが、美白効果が厚生労働省より認められている有効成分もあります。

そこでこれから、美白効果がある有効成分を3つご紹介していきたいと思います。

美白効果がある3つの有効成分|医薬部外品

美白効果がある医薬部外品の有効成分には色々な成分がありますが、人気の有効成分は次の3つの成分になります。

人気の美白効果がある有効成分

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸

有効成分トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果がある有効成分のこと。

トラネキサム酸は製薬会社の第一三共ヘルスケアが開発した成分で、アミノ酸リシンをもとに人工合成されたアミノ酸の一種だということです。

トラネキサム酸は美白効果がある人気の有効成分として、多くの化粧品に配合されています。

とくに、トラネキサム酸を開発した第一三共ヘルスケアのブライトエイジにも配合されています。

ですので、ブライトエイジは美白化粧品として注目されているのですね。

有効成分アルブチンとは

有効成分アルブチンは、美白成分として有名なハイドロキノンを加工した成分のこと。

ハイドロキノンは、美白作用が高い成分ですが、お肌への刺激が強いのが問題とされていました。

そのようなハイドロキノンの美白効果をマイルドにしたのがアルブチンといえます。

アルブチンは、メラニン色素の原因になるチロシナーゼに直接働きかけて、メラニン色素の生成を抑えます。

現在、美白化粧品に使用されているアルブチンは、α-アルブチンなのだそうですが、α-アルブチンはグリコが開発した成分なのだそうです。

α-アルブチンは安全性が高く安心して使用できる美白成分として、多くの美白化粧品に配合されています。

有効成分コウジ酸

コウジ酸とは、お酒やみそを作るときに活躍する麹菌(こうじきん)が作り出す成分のこと。

コウジ酸にも、メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果があります

コウジ酸は、微生物の麹菌が作り出す美白効果がある成分ですので、とても安全性が高い成分といわれています。

ですので、敏感肌でも使える美白化粧品をお探しにときには、コウジ酸配合の美白化粧品をお選びになられてみてはいかがでしょうか?

まとめ

美白効果がある人気の有効成分を3つご紹介してきました。

人気の美白効果がある有効成分

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸

化粧品を使うからには、美白効果がある化粧品を使いたいものですよね。

でも、どの美白化粧品を選んで良いのかが分からない。

そのようにお悩みのときには、今回ご紹介した美白成分配合の化粧品からお試しされてみてはいかがでしょうか?